FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

セックスの回数

 夫婦生活を続けるうちに何回ぐらいセックスを
営むかについて、有名な貝原益軒の『養生訓』によると、
「20代は4日に一度、30代は8日に一度、40代は
16日に一度、50代は20日に一度、60代は
接して漏らさず、ただ強精者のみ月に一度」と説いて
います。この計算でいくと20代から60代まで18
00回のセックスをもつ事になります。またエッフェルツ
博士は5400回説、キンゼイ報告では3831回とい
った平均回数を報告しています。これらのデータから
解るように、人間が一生涯に何回セックスを営むかに
は、大変個人差があるといえます。ひとりの人を例に
とって考えたとしても、その人の環境や性格、相手の
有無などによって、その回数は著しく変化します。
これらの数値はあくまでも推定される平均回数
であって、セックスの回数は、そのカップルの強さ弱さ、
好み、また付き合いの長さなどで異なるのが当然で
す。60代でほとんど毎日行える人もいれば、若くても
10日に一度がよいという人もいるのです。つまり
体力や環境による個人差がはっきりしているということ。
これらの平均回数をノルマ化して、努力して回
数を消化しようとするのは、まったく無意味です。
しいて理想的な性交回数をあげるとすれば、1回の
射精が終わって、精液が精のうに補充されるまでに、
およそ70時間、約3日間かかりますから、これが
だいたいの基準になるのではないでしょうか。精液の
量が多いと、性的感度もボリューム感のあるものに
なり、性行為も喜びの充実したものになるはずです。
Sexのマンネリ化を防ぐ意味でも、3日に一度ぐ
らいのぺースが、多くの人にはちょうどよいといえる
かもしれません。また、1回の性行為で消費するエネ
ルギーは、約70キロカロリーといわれています。
これは1年365日、毎晩性行為をもったら、体重が
3,4キロ減る計算になります。さらに1回のセックスは、
男性なら200メートル、女性なら50メートルを
走ったくらいの疲労度だともいわれています。この
疲労感は、射精によって精液が消失するためにおこ
ると考えている人もいますが、それ以上に性感との
関わりが深いと思われます。つまりセックスによって得
た快感が、時間的、程度的に深ければ深いほど、射精後の
疲労感は強くなるわけです。このように、
性行為にはそれなりのエネルギーが消耗されるわけです
から、性行為の頻度は、その行為の結果、翌
日に疲労を残さない程度が適度であるといえます。
性行為は、量より質の問題です。お互いがいかに
十分な満足を得られるか、このことのほうがより
重要なのです。たとえば射精しそうになったら一旦ペニ
スを抜き、女性には愛撫を加え、落ついたらまた挿入する
といったことを繰り返す、言うなれば保留法
を用いて、女性だけをオーガズムに導くとか、射精は
してもスローテンポの運動で、できるだけ時間を伸
ばすようにする方法などによって疲労をさけながら、
お互いに楽しむといった工夫も必要でしょう。欲望
のおもむくまま、ひとりよがりにSexすることは
避けるべきです。特に現代は非常にストレスのたまりやす
い時代であり、肉体的な疲労よりはむしろ精神的な疲労の
ほうが圧倒的に多い社会です。ですか
ら、心とからだの健康を保つことこそ、性的能力を
回復させ、充実した性生活を維持するもっとも大切
なことなのではないでしょうか。決して回数では
ありません。
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
カテゴリー
ラブラブ福袋

【伊藤潤一式】口臭消滅プログラム 体質改善コンサルタントの伊藤潤一が、あらゆるタイプの口臭や加齢臭など 体の臭いを全部消して、人と接するのが楽しくなる方法を伝授しています

人気ブログランキングへ

プロフィール

花輪桐子

Author:花輪桐子
恋愛相談や性の悩み・対人関係や美容+ダイエットなどの悩み解決無料レポートあります。コンプレツクスを解決してもてる男・愛される女に大変身しよう!!

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。