FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

オーガスムとは?

女性は男性の10倍もの快感がある。オーガズムに
達するまでいわゆる快感が最高潮に達することを
オーガズムといいます。頭の中が空っぽになったような感じ、
もうどうなってもいいという感じ…など、その
体感は個人によってさまざまです。オーガズムを少し
医学的に説明してみましょう。性交が絶頂に達す
ると、肉体的な刺激と精神的な興奮の相乗作用によって
、刺激が大脳から性器官に伝えられます。
ヴァギナ(膣)内の充血はますます激しくなり、
子宮がリズミカルな収縮運動を起こします。また、
これと同時にヴァギナの周囲にある筋肉なども収縮運動を
繰り返しはじめます。そしてヴァギナの奥がまるで
ケイレンを起こしているかのように震えるのです。
その震えるスピードが徐々に速くなり、ついにはヴァギナ
の奥が硬直したような気持ちにおそわれる瞬間。
その興奮の頂点をオーガズムといいます。このとき、
オーガズム隆起などと呼ばれる現象も起こります。
これは、ヴァギナの入口あたりの筋肉が、興奮とともに
徐々に盛り上がってくるもので、ペニスの勃起にも似た
現象です。女性の興奮が最高潮に達すると、こ
のオーガズム隆起もまた収縮し、全身へ広がる強烈な
快感となって女性を満たしてくれるのです。


○女性の快感の奥の深さは想像以上

女性の快感は非常に強く、一説には男性の100倍もあると
言われています。男性のクライマックスは
ただ一回の喜びで完結してしまうのに対し、女性の場合は
一回の性交で数回のクライマックスを迎え
ることも可能なのです。また、男性は射精が終わると急速に
快感が減退していくのに比べ、女性はオ
ーガズムの瞬間が長く、ゆるやかに、ゆっくりとした曲線を
描きながら消えていきます。さて、このオーガズ
ムはいったいどこで感じるのでしようか。つまりクリトリスで
感じるのか、それともヴァギナで感じるのか…。
これは難しい問題ですが、クリトリスは経験の少ない女性
でも比較的感じやすいということがいえます。
一方、ヴァギナのほうはある程度の性体験をもたないと、
快感が得られないことが多いのです。つまり、
ヴァギナで感じるオーガズムは、成熟した女性向きと
いうことでしょうか。しかし、多くの場合、性感を開
発してくれる男性のテクニックによって、女性の性感の
成り立ちが決まってくるようです。

女性はなぜ濡れるのか?男女の性器官が根本的には
変わらないように、男性と女性の生理的な現
象もよく似たところがあります。男性が興奮すると
ペニスが勃起するのと同じように、女性も興奮すると、
ヴァギナが濡れはじめます。これは性交による刺激だけでは
なく、視覚的なものなどによっても起こりま
す。つまり、ヴァギナとはペニス同様、性的に正直な器官と
いうわけです。ヴァギナの内部は常に湿って
います。ヴァギナの内壁には特別の分泌腺はないのですが
、少量のグリコーゲンを分泌し、いつも内部
に0.5~1ccの液体を含んでいます。その中には有益な
菌が存在し、雑菌や病原菌の侵入と繁殖を
防ぎます。それが性的に興奮を覚えると、さらに別な分泌液を
生じます。この分泌液は、膣口のやや
後ろの両側にあるバルトリン腺と呼ばれる粘液分泌腺から
出るものと考えられていました。ここはふだん
閉じられていますが、性的な刺激を受けるとガラスの
ように透明で粘りけの少ない、とても滑らかな粘
液を分泌するというものです。
しかし、純粋な膣液は、いまでは内壁からじんわりにじみ
出てくる、ムコイドと呼ばれる一種の糖タンパ
クの液体だと考えられています。女性が興奮してくると、
ヴァギナの周囲にある血管が充血し、その血
液中の水分を血管の外へ放出するのです。つまり
性的な興奮にともなって、内部に発汗に似た現象
が起こるというわけです。
挿入をスムーズにしてくれる潤滑油(ジュンカツユ)
もちろん、この汗だけではなくバルトリン腺や
スケーネ氏腺といったいろいろな分泌腺からも分泌液が生
じ、これらがいっしょになってヴァギナ全体を潤します。
そして、ペニスを挿入する際の潤滑油としての役
目を果たしてくれるのです。この濡れ具合は個人差があり
、昔から、分泌液の多いほうが収縮する力
のよさと相まって、性的には高く評価されてきました。
実際、感度の高い女性ほどよく濡れるということ
はあります。しかし、膣液より、単にオリモノが多いだけと
いう女性もいますから、量だけで感度は計れません。
また、分泌液の少ない女性でも、前戯に十分時間を
かければヴァギナに手ごたえがでてくる場合もあり
ますし、前戯を利用して唾液を与えることによって補う
という方法もあります。従って分泌液の多い少
ないにはあまりこだわらず、お互いの性行為を充実
させることで、カバーしあうように心掛けたいものです。
恥丘の大きさで名器が分かる
ドテの大きさ大、中、小の3サイズごとにその働きや快感の
度合いを比較してみよう!
女の子の恥丘の発育具合で感度や女性器は変わるのだろうか?
恥丘。大陰唇上部に存在する、性器の顔とも言えるこの部分は、
女の子の性感、名器度に多大な
影響を及ぼすという。
性器周辺、特に大陰唇部につく皮下脂肪は女性ホルモン
(エストロゲン)の影響を大きく受ける。性器
の発達、成熟において女性ホルモンは重要な要素である
。膨らんだ恥丘いわゆるモリマンは、十分な
ホルモン分泌によって作られた完成された性器の証なのである。
「恥丘部の皮下脂肪は膣□の位置にも影響します。
恥骨の上にたっぷりと皮下脂肪が付いている
と、膣口は押し下げられて下ツキになり逆に皮下脂肪が
少ないと上ツキになる。大きな恥丘の持ち主
を見分けるには女の子の両足の太腿のつけ根の鼠蹊部と
呼ばれるV字のラインを見る。この逆三角
形が広いほど、皮下脂肪の多い大きな恥丘を持っており
下ツキの可能性は高い。恥骨を発達させる
女性ホルモンは性経験を積むことによって分泌量が増え
性器の締り具合や愛液分泌にもいい影響を
与えます。豊富な性経験が豊かな恥丘や名器の元になると
言うのは本当です。
大型恥丘の女性の場合
恥丘部の皮下脂肪の厚みは12㎜でこれは日本人女性では
10%のモリ数値。正常位で挿人では大
陰唇の盛り上がりがクッションとなり男根をふわりと
受けとめる。バックでもペニスを大小の陰唇部が包み
込む。実際、男側の快感はかなり強く高い現想的なSexを
満喫出来ます。

豊富な皮下脂肪でふっくら盛り上がった大型恥丘 
ドテ高12㎜


中型恥丘の女性の場合
恥丘部の皮下脂肪の厚みは8.5㎜で日本人女性の約半数が
5㎜~10㎜なので平均的な数値で
す。恥丘周辺の皮下脂肪が少なく、恥骨上部に集中して
いるため、見た目にはドテが大きく見える。
正常位で激しく反応するものの性的な成熟が足りないのか
快感のがイマイチ伸びない。
周辺の皮下脂肪が少なく恥骨上一点集中の中型恥丘 
ドテ高8.5㎜


小型恥丘の女性の場合
恥丘部の皮下脂肪圧は5㎜で日本人女性では約40%が
5㎜以下。恥丘が小さい女性は他の外
性器も未成熟な場合が多い。機能的に快楽を得るうえで
問題はないが正常位Sexでは恥骨同士が
当たって痛い。バックでも上ツキのため深い挿入感が
得られない。
皮下脂肪はあるものの恥骨上に堆積していない未成熟型 
ドテ高5㎜


膣、すなわちヴァギナは、ペニスの挿入を受け、しっかりと
包み込んで男性を快感に導く、女性器の代
表的な器官です。そして分娩のときには、胎児が通る産道
としての大切な役目も果たします。それだ
け柔軟性、伸縮性に富んでいるわけです。ヴァギナは筒状を
しており、長さや形、機能は不規則に変
化します。その要因は、体調や朝晩のちがい、生理の有無などが
挙げられます。筒状といっても、別に
空洞になっているのではなく、実際は粘膜がぴたりと
あわさった状態になっています。そして入口に近い
部分は、周囲の筋肉などの緊張によって締まっていますが、
奥のほうは伸張性に富む袋のような形を
しています。
その入口は、普段は大陰唇や小陰唇のヒダに隠れていて、
小陰唇を指などで開いてみないとわかりま
せん。それも腔前庭に続いてヒダが小さくすぼまっていて、
入口らしい部分が見えるだけです。これが、
勃起したペニスに接触し、少しでも力を加えられると
、自然にそれぞれのヒダが開いてペニスの挿入を
受け入れる態勢になるのです。ヴァギナの内壁は、
小さなヒダ状になっています。ペニス挿入時はこのヒ
ダが押し広げられます。このヒダは、その多少に個人差が
あります。年齢や性交の回数、分娩の経験
などによっても、その数は違うと言われていますし、
ヒダの多少が性感と関係があるとは言えません。た
だ、ヒダの多い女性のほうが男性に与える感触に
手ごたえがあるとして、好まれることが多いようです。
ヴァギナの入口部分は、膣括約筋などの筋肉で囲まれて
いますが、これらの筋肉の収縮によってペニ
スをしっかりと挟みます。ヴァギナは、興奮するとそれを
囲む筋肉などの協力で、激しく収縮しはじめま
す。そしてこの圧力が男性の摩擦運動とともに快感を導く
大きな刺激となるのです。この収縮による内
圧は、意識的に緊張させることによっても高めることが
できます。ヴァギナ自体の感覚は、意外にもそれ
ほど敏感ではありません。むしろほかの器官の波及効果
として、大きな快感を得ると言えるでしょう。

 日本女性のヴァギナは、7~10cmが平均的な長さと
いわれていますが、ペニスの長短にも個人差が
あるように、ヴァギナの長さもそれぞれの女性によって
異なります。また広げられたヴァギナの幅も、処女
では直径2~2.5cm、既婚女性では4~4.5cmに
なります。そして分娩の経験のある女性では
直径9~9.5cmの胎児の頭が通過するので、収縮力が
回復した後も4.4~5.5cmに拡張され
ます。分娩の経験のない女性のヴァギナは、かなり湾曲
していて、形はf字状、またはs字状になってい
ます。全体の軸は、女性が仰臥位をとった場合、水平線から
30度傾斜し、奥に向かうほど坂を下る
といわれています。このようにヴァギナ自身の経験によって、
大きさや形は変化していくわけです。ヴァギ
ナの位置や方向も、人によって違いがあります。
俗に上つきとか下つきといわれますが、上つきはクリトリ
スに近いところに位置し、下つきとは肛門側近くに
位置しています。上つきのヴァギナのほうが、感度が
いいなどと言われることもありますが、たとえば背後位
だったら上つきより下つきの方がずっと大きな快感
が得られるなど、体位次第で十分な快感が得られますから
、気にすることはありません。
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
カテゴリー
ラブラブ福袋

【伊藤潤一式】口臭消滅プログラム 体質改善コンサルタントの伊藤潤一が、あらゆるタイプの口臭や加齢臭など 体の臭いを全部消して、人と接するのが楽しくなる方法を伝授しています

人気ブログランキングへ

プロフィール

花輪桐子

Author:花輪桐子
恋愛相談や性の悩み・対人関係や美容+ダイエットなどの悩み解決無料レポートあります。コンプレツクスを解決してもてる男・愛される女に大変身しよう!!

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。