FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ED/最大の敵はストレス!

インポテンツ、つまり性的不能症は
学問的には性行為の一般的なコース、すなわち性欲、
勃起、挿入と性運動、オーガズム、射精のどれかが不十分な
状態であるときに、そう呼ばれています。
その原因には、まず性器官の奇形や神経・中枢機能障害と
いった器質的な欠陥が考えられます。こ
の場合は、すみやかに専門の医師に相談し、しっかりと
治療を受けなければなりません。
そしてもう一つ、機能的なものが原因の場合があり、
インポテンツは、この機能的な原因の場合がより
重要な問題となります。機能的な原因には、糖尿病、
腎臓病、肥満など、全身の病気によるもの、
自己暗示にかかりやすい神経質な人にみられる神経性の
不能、あるいは精神的な性欲不感症など
があげられます。全身の病気もさることながら
、心因性によるもののほうがさらに大きな問題といえま
す。特に最近は心理的な原因による比較的不能症とも
いえるインポテンツが増えています。
例えば相手に笑われないかという劣等感、義務感だけの
Sexによる不満と負担感、Sexによって疲労
で病気にならないかという不安、インポテンツヘの恐怖感、
宗教的・道徳的な罪悪感。あるいはオーガ
ズムがなかなか迎えられない、Sexの後に満足感がない
などがそれ。ほかにも相手の女性がいやになっ
てしまったり、精神的な過労や衰弱、あるいはSexに
対する恐怖心なども原因となります。
この心因性インポテンツは、特に若い人に多いと言われ、
その数は加速度的に増加していますが、そ
の最大の原因はストレスです。厳しい受験戦争などで、
抑圧された思春期を送った若者たちは、それ
がストレスとなって欲望はあるのに勃起しないという
不能状態を招くのです。これは外見上は健康であ
るのに、その精神作用がアンバランスなことを示して
います。Sexは肉体だけでするものではありません。
精神的なものがそれを支えているのです。ですから
ストレスがたまると、インポテンツに陥ることが
あるのです。

○休養と栄養そして自信

この傾向は、なにも若い人たちだけではなく、
毎日仕事に追われ、家庭に帰っても仕事の緊張から解
放されず、心身ともに疲れきっている中年男性にも
見られます。また、女性からとても屈辱的なことを
言われたために、コンプレツクスを抱き、それが
原因となって一時的にインポテンツになることも
あります。
こうしたインポテンツには休養と栄養を十分とって、
体力を回復させることが大切です。また元々勃起
するのですから、自信を回復して心理的な妨害を
はねのけることが必要です。それを「自分はだめだ」
と思い込んでしまったりあるいは回復しても常に
「またインポテンツになるのではないか…」と
不安をもっていたりすると本当に不能になって
しまいます。
朝立ちやマスターべーションによる勃起さえあれば、
まだまだ大丈夫なのです。決して「だめだ」と
思い込まず、スポーツやレクリエーションによる
気分転換をはかりながら、リラックスした気持ちを
維持することが大切です。
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
カテゴリー
ラブラブ福袋

【伊藤潤一式】口臭消滅プログラム 体質改善コンサルタントの伊藤潤一が、あらゆるタイプの口臭や加齢臭など 体の臭いを全部消して、人と接するのが楽しくなる方法を伝授しています

人気ブログランキングへ

プロフィール

花輪桐子

Author:花輪桐子
恋愛相談や性の悩み・対人関係や美容+ダイエットなどの悩み解決無料レポートあります。コンプレツクスを解決してもてる男・愛される女に大変身しよう!!

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。